煮しめごはん

こんばんは^^

朝から涼しい1日だったので~~~

冷蔵庫の奴らで煮しめをつくりました(^^♪
a0251684_21210510.jpg
その昔~~~
7月のお祭りには
煮しめと赤飯と鮭を焼いて
 キャベツとキュウリの漬物を作って~~~


kojijiのかぁちゃんは
しまっておいた・・・
  干された天草を物置から出してきて
    敷物の上でお日さまにあててから
       すりこ木棒で天草をゴツンゴツンとたたくの
         天草についてる砂を落とすためにね^^


土間のストーブに火を入れて
 大きなお鍋で
    天草と大豆?をグツグツと煮て
      ところてんを作ってましたの~~~

いちばん天はしっかりとした歯ごたえのところ天ができましてね
 にばん天はちょっこり・・・柔らかいところ天

  今は・・・とっても懐かしい光景ですの^^

   ところ天の作り方教えてもらえないうちに
      かぁちゃん体調崩してしまって・・・


  もひとつ・・・
    もっと教えてもらいたかったなぁ~~~ってのが
   身欠き鰊の作り方
     裂きり包丁を使って
       干した鰊の身に入れる包丁の使い方

   一度だけ教えてもらったけれど・・・
      オモシロイ角度で裂きり包丁をいれるのよね^^

     ネットで検索したけれど・・・・
       う~~ん残念!!!


   
      
      







トラックバックURL : http://quuunuuu.exblog.jp/tb/22987932
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by daikatoti at 2016-07-14 07:22
おはようございます。
おいしそうに煮えてますね。
お煮しめをこういうふうに煮ることができないのです。
多分汁が多すぎるのかなぁ、
なにかコツがあるのかなぁ。
Commented by quunuu at 2016-07-15 07:35
daikatotiさん
そちらは暑いでしょうね
札幌は5度以上も低い夏ですが・・・
暑さに弱いkobabaがうだってましたの~~~
熱中症の前兆のひとつに「顔のほてり」がありまして~~~
kobabaはいつも夏そうなんですよね

そうそう~~~煮しめのことね
これっていうこともしてないのですが~~~


ちょっと有名なおでん屋さんの大将が
   ちらりと教えてくれたのがね

出汁で大根とこんにゃくは
  最初に弱い火でことことゆっくり味を含ませて
   ほんのほんのちょっとの砂糖と
     みりんとお酒と塩で味をつけて・・・
 大根たちに味がしみったら
   山菜など煮て(ほんの少々のお醤油をたして)
    食卓にあげる寸前に練り物を入れて煮るって・・・

 煮しめもおでんのように出汁たっぷりで作ってましたよ^^
  正統派の煮しめの作り方はよくわかりませんがね(^^♪
   慣れ親しんだ、それぞれのご家庭の味がありますモネ
Commented by 三毛猫 at 2016-07-17 12:10 x
そうだったね~7月のお祭り・・・
お煮しめとお赤飯(我家では鮭はなかったような)懐かしい!
それにしても具だくさんで美味しそうなお煮しめだこと!
私は、いまだに母の味には辿り着けません(T_T)

ところてんも手作りしていましたよねー
暑い中、グツグツ煮てね。
出来たところてんを「つく」道具が家にはなかったので、近所のお店にこんにゃくを「つく」道具を借りに行くのが私の仕事でした(^^)
昔の人はなんでも手作りしてホントよくやっていましたよね~今更ながら感心しています。
Commented by quunuu at 2016-07-18 22:03
三毛猫さん
こんばんは^^
あのお祭りです はい!!

手作りのところてん
結婚して初めて食べましたの~~~

いちばんてんは歯ごたえがしっかりして
  美味しかったなぁ~~~
 てん草はきっと同じ産地のよね^^

もひとつ~~~
身欠きにしんの昆布巻も作ってました~~~

どでかい鍋で煮込んで~~~
 赤飯煮しめところてん昆布巻を
   親戚に届けてた記憶がありますわ

  今夜は美味しいエビスビール呑んでましたよ(^^♪
    
by quunuu | 2016-07-11 21:43 | ごはん | Trackback | Comments(4)

毎日のごはんのこと、ちくちくのこと、ねこのこと


by 更紗
プロフィールを見る
画像一覧